ページ内を移動するためのリンクです

幸和建設株式会社

きっと、聞き慣れない商品です。竹の、やめられない商品です。

ここから本文です

竹ん粉ちゃん

竹はハニカム構造といわれる正六角形の細胞から成っており、この中には乳酸菌が存在しています。
『竹ん粉ちゃん』は熱の発生しない独自の切削方法によって、ハニカム構造や乳酸菌を温存しつつ竹を粉体化した製品です。
わたしたちはどこよりも高品質な製品作りにこだわり、安心安全な製品を提供いたします。


竹ん粉ちゃんってなに?




乳酸菌のはたらき

乳酸菌は土中の有機物をえさにして活動する善玉菌です。善玉菌を多く含む土では、作物の根は養分を吸収しやすくなります。光合成が活発になり、甘みやうまみの増加につながります。

乳酸菌のはたらき

●放置竹林対策

竹の成長は著しく、半年で20mも伸び、繁殖力も強く、手入れをしないと周辺の雑木林や農地に広がり生態系に悪影響を及ぼします。また、密集すると下草が生えなくなり土砂災害につながる恐れもあります。弊社は信頼の技術で郷土づくりに貢献する企業として竹との共存を求め放置竹林対策事業を開始しました。


竹の生命力に着目し、竹を人にも地球にも有効な植物資源と考え、放置竹林の荒廃を適切な管理のもと資源化する。
竹林整備を行い、活力ある竹林で地震災害の防止に貢献する。
竹を原料とした竹粉にする事で、畜産業や農業の事業性も高まり、生活力の向上につながる事業として貢献する。

放置竹林対策



●竹ん粉ちゃんができるまで

竹を従来の粉砕機で砕くと竹の繊維が針のような形状になってしまい、そのままでは使いにくいという問題がありました。また、粉砕時に発生する熱によって竹の有効成分が減少するという問題がありました。そこで今までにない独自の切削機を導入することにより、非常に細かいパウダー状の竹粉を作ることに成功しました。この切削機は熱も発生しないため、竹の中にある乳酸菌も減少しないというメリットがあります。


①本体で切削

①本体で切削

→
②切削後は集塵機へ

②切削後は集塵機へ

→
③1次発酵(約10日)

③1次発酵(約10日)

→
④最後に真空パック

④最後に真空パック



●竹ん粉ちゃんの成分

<一般成分の分析結果>

成分
水分 42.8%
粗たんぱく質 1.1%
粗脂肪 0.4%
粗繊維 34.8%
粗灰分 0.5%
NDF 52.7%
ADF 40.1%
βカロテン 3.5mg/kg(ビタミンA換算 1400IU/kg)
乳酸菌数 4.2×108/g
炭素 26.7%
窒素 0.31%
りん酸 0.04%
加里 0.45%
炭素窒素比 86.1%


製品について


竹ん粉ちゃんは、竹の中に含まれる乳酸菌を活用した製品です。乳酸菌は土中の糖をえさにして乳酸を発生させる菌です。また他の善玉菌の活性を促します。作物は養分をスムーズに吸収できますので、丈夫な根が多く張り光合成も活発になります。硝酸は還元され、甘みやうまみの増加につながります。安心・安全で美味しい野菜を栽培する事が出来ます。

内容量 1kg・5kg
原材料 孟宗竹(国産)
保存方法 開封後は出来るだけはやくご使用ください。使いかけは袋の中の空気を抜き封をして、冷暗所で保存してください。
使用期限 未開封の場合、製造日より1年
効果 ●畑や田の土壌改良に
●野菜や果実のおいしさを追求
●たい肥作りのお供に
●家畜やペットの健康維持に


使用方法


●畑につかうときは

元肥と同時に施し、よく耕します。
畝20メートルあたり1kg程度撒いてください。
追肥の際は苗の脇に撒き、土を被せてください。

畑につかうときは

田んぼに

●田んぼに

荒かき時に1反あたり50kg程度をすき込みます。

●育苗にも

用土重量に対して5%の竹ん粉ちゃんを混合します。


●子牛へのあたえかた

1日あたりの濃厚飼料給与量の3%を目安として添加してください。

子牛へのあたえかた

たい肥づくりに

●たい肥づくりに

草や木の葉など材料の上にまんべんなく撒き、土やシートなどで覆ってください。